万葉集1678番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1678番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1678番について

歌番号

1678番

原文

木國之|昔弓雄之|響矢用|鹿取靡|坂上尓曽安留

訓読

紀の国の昔弓雄の鳴り矢もち鹿取り靡けし坂の上にぞある

かな読み

きのくにの|むかしさつをの|なりやもち|かとりなびけし|さかのうへにぞある

カタカナ読み

キノクニノ|ムカシサツヲノ|ナリヤモチ|カトリナビケシ|サカノウヘニゾアル

ローマ字読み|大文字

KINOKUNINO|MUKASHISATSUONO|NARIYAMOCHI|KATORINABIKESHI|SAKANOHENIZOARU

ローマ字読み|小文字

kinokunino|mukashisatsuono|nariyamochi|katorinabikeshi|sakanohenizoaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|大宝1年10月年紀

校異

特に無し

寛永版本

きのくにの[寛],
むかしさつをの,[寛]むかしゆみをの,
なりやもち,[寛]かふらもて,
かとりなびけし,[寛]しかとりなひく,
さかのうへにぞある,[寛]さかのへにそある,

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました