万葉集1786番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1786番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1786番について

歌番号

1786番

原文

三越道之|雪零山乎|将越日者|留有吾乎|懸而小竹葉背

訓読

み越道の雪降る山を越えむ日は留まれる我れを懸けて偲はせ

かな読み

みこしぢの|ゆきふるやまを|こえむひは|とまれるわれを|かけてしのはせ

カタカナ読み

ミコシヂノ|ユキフルヤマヲ|コエムヒハ|トマレルワレヲ|カケテシノハセ

ローマ字読み|大文字

MIKOSHIJINO|YUKIFURUYAMAO|KOEMUHIHA|TOMARERUWAREO|KAKETESHINOHASE

ローマ字読み|小文字

mikoshijino|yukifuruyamao|koemuhiha|tomareruwareo|kaketeshinohase

左注|左註

右件五首笠朝臣金村之歌中出

事項|分類・ジャンル

相聞|神亀5年8月年紀|女歌|送別|地名|餞別

校異

歌【西】謌【西(別筆訂正)】歌

寛永版本

みこしぢの,[寛]みこしちの,
ゆきふるやまを[寛],
こえむひは[寛],
とまれるわれを[寛],
かけてしのはせ[寛],

巻数

第9巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました