万葉集1672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1672番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1672番について

歌番号

1672番

原文

黒牛方|塩干乃浦乎|紅|玉裾須蘇延|徃者誰妻

訓読

黒牛潟潮干の浦を紅の玉裳裾引き行くは誰が妻

かな読み

くろうしがた|しほひのうらを|くれなゐの|たまもすそびき|ゆくはたがつま

カタカナ読み

クロウシガタ|シホヒノウラヲ|クレナヰノ|タマモスソビキ|ユクハタガツマ

ローマ字読み|大文字

KUROSHIGATA|SHIHOHINORAO|KURENAINO|TAMAMOSUSOBIKI|YUKUHATAGATSUMA

ローマ字読み|小文字

kuroshigata|shihohinorao|kurenaino|tamamosusobiki|yukuhatagatsuma

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|持統天皇|文武天皇|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|恋情|大宝1年10月年紀

校異

特に無し

寛永版本

くろうしがた,[寛]くろうしかた,
しほひのうらを[寛],
くれなゐの[寛],
たまもすそびき,[寛]たまもすそひき,
ゆくはたがつま,[寛]ゆくはたかつま,

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました