万葉集1701番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1701番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1701番について

歌番号

1701番

原文

佐宵中等|夜者深去良斯|鴈音|所聞空|月渡見

訓読

さ夜中と夜は更けぬらし雁が音の聞こゆる空ゆ月渡る見ゆ

かな読み

さよなかと|よはふけぬらし|かりがねの|きこゆるそらゆ|つきわたるみゆ

カタカナ読み

サヨナカト|ヨハフケヌラシ|カリガネノ|キコユルソラユ|ツキワタルミユ

ローマ字読み|大文字

SAYONAKATO|YOHAFUKENURASHI|KARIGANENO|KIKOYURUSORAYU|TSUKIWATARUMIYU

ローマ字読み|小文字

sayonakato|yohafukenurashi|kariganeno|kikoyurusorayu|tsukiwatarumiyu

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|弓削皇子|献呈歌|非略体|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さよなかと[寛],
よはふけぬらし[寛],
かりがねの,[寛]かりかねの,
きこゆるそらゆ,[寛]きこゆるそらに,
つきわたるみゆ[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました