万葉集1686番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1686番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1686番について

歌番号

1686番

原文

孫星|頭刺玉之|嬬戀|乱祁良志|此川瀬尓

訓読

彦星のかざしの玉の妻恋ひに乱れにけらしこの川の瀬に

かな読み

ひこほしの|かざしのたまの|つまごひに|みだれにけらし|このかはのせに

カタカナ読み

ヒコホシノ|カザシノタマノ|ツマゴヒニ|ミダレニケラシ|コノカハノセニ

ローマ字読み|大文字

HIKOHOSHINO|KAZASHINOTAMANO|TSUMAGOHINI|MIDARENIKERASHI|KONOKAHANOSENI

ローマ字読み|小文字

hikohoshino|kazashinotamano|tsumagohini|midarenikerashi|konokahanoseni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|七夕|木津川|京都|羈旅|非略体

校異

特に無し

寛永版本

ひこほしの[寛],
かざしのたまの,[寛]かさしのたまの,
つまごひに,[寛]つまこひに,
みだれにけらし,[寛]みたれにけらし,
このかはのせに[寛],

巻数

第9巻

作者

間人宿祢

タイトルとURLをコピーしました