万葉集1768番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1768番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1768番について

歌番号

1768番

原文

石上|振乃早田乃|穂尓波不出|心中尓|戀流<比>日

訓読

石上布留の早稲田の穂には出でず心のうちに恋ふるこのころ

かな読み

いそのかみ|ふるのわさだの|ほにはいでず|こころのうちに|こふるこのころ

カタカナ読み

イソノカミ|フルノワサダノ|ホニハイデズ|ココロノウチニ|コフルコノコロ

ローマ字読み|大文字

ISONOKAMI|FURUNOWASADANO|HONIHAIDEZU|KOKORONOCHINI|KOFURUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

isonokami|furunowasadano|honihaidezu|kokoronochini|kofurukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|豊前國娘子紐兒|恋情|福岡|地名

校異

此->比【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

いそのかみ[寛],
ふるのわさだの,[寛]ふるのわさたの,
ほにはいでず,[寛]ほにはいてす,
こころのうちに[寛],
こふるこのころ,[寛]こるるこのころ,

巻数

第9巻

作者

抜氣大首

タイトルとURLをコピーしました