万葉集1755番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1755番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1755番について

歌番号

1755番

原文

鴬之|生卵乃中尓|霍公鳥|獨所生而|己父尓|似而者不鳴|己母尓|似而者不鳴|宇能花乃|開有野邊従|飛翻|来鳴令響|橘之|花乎居令散|終日|雖喧聞吉|幣者将為|遐莫去|吾屋戸之|花橘尓|住度鳥

訓読

鴬の|卵の中に|霍公鳥|独り生れて|己が父に|似ては鳴かず|己が母に|似ては鳴かず|卯の花の|咲きたる野辺ゆ|飛び翔り|来鳴き響もし|橘の|花を居散らし|ひねもすに|鳴けど聞きよし|賄はせむ|遠くな行きそ|我が宿の|花橘に|住みわたれ鳥

かな読み

うぐひすの|かひごのなかに|ほととぎす|ひとりうまれて|ながちちに|にてはなかず|ながははに|にてはなかず|うのはなの|さきたるのへゆ|とびかけり|きなきとよもし|たちばなの|はなをゐちらし|ひねもすに|なけどききよし|まひはせむ|とほくなゆきそ|わがやどの|はなたちばなに|すみわたれとり

カタカナ読み

ウグヒスノ|カヒゴノナカニ|ホトトギス|ヒトリウマレテ|ナガチチニ|ニテハナカズ|ナガハハニ|ニテハナカズ|ウノハナノ|サキタルノヘユ|トビカケリ|キナキトヨモシ|タチバナノ|ハナヲヰチラシ|ヒネモスニ|ナケドキキヨシ|マヒハセム|トホクナユキソ|ワガヤドノ|ハナタチバナニ|スミワタレトリ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|KAHIGONONAKANI|HOTOTOGISU|HITORIUMARETE|NAGACHICHINI|NITEHANAKAZU|NAGAHAHANI|NITEHANAKAZU|UNOHANANO|SAKITARUNOHEYU|TOBIKAKERI|KINAKITOYOMOSHI|TACHIBANANO|HANAOICHIRASHI|HINEMOSUNI|NAKEDOKIKIYOSHI|MAHIHASEMU|TOHOKUNAYUKISO|WAGAYADONO|HANATACHIBANANI|SUMIWATARETORI

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|kahigononakani|hototogisu|hitoriumarete|nagachichini|nitehanakazu|nagahahani|nitehanakazu|unohanano|sakitarunoheyu|tobikakeri|kinakitoyomoshi|tachibanano|hanaoichirashi|hinemosuni|nakedokikiyoshi|mahihasemu|tohokunayukiso|wagayadono|hanatachibanani|sumiwataretori

左注|左註

右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|動物|植物

校異

歌【西】哥【西(訂正)】歌

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
かひごのなかに,[寛]かひこのなかに,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
ひとりうまれて[寛],
ながちちに,[寛]さかちちに,
にてはなかず,[寛]にてはなかす,
ながははに,[寛]さかははに,
にてはなかず,[寛]にてはなかす,
うのはなの[寛],
さきたるのへゆ,[寛]さけるのへより,
とびかけり,[寛]とひかへり,
きなきとよもし,[寛]きなきとよまし,
たちばなの,[寛]たちはなの,
はなをゐちらし[寛],
ひねもすに[寛],
なけどききよし,[寛]なけとききよし,
まひはせむ[寛],
とほくなゆきそ[寛],
わがやどの,[寛]わかやとの,
はなたちばなに,[寛]はなたちはなに,
すみわたれとり[寛],

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました