万葉集1780番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1780番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1780番について

歌番号

1780番

原文

<牡>牛乃|三宅之<滷>尓|指向|鹿嶋之埼尓|狭丹塗之|小船儲|玉纒之|小梶繁貫|夕塩之|満乃登等美尓|三船子呼|阿騰母比立而|喚立而|三船出者|濱毛勢尓|後奈<美>居而|反側|戀香裳将居|足垂之|泣耳八将哭|海上之|其津乎指而|君之己藝歸者

訓読

ことひ牛の|三宅の潟に|さし向ふ|鹿島の崎に|さ丹塗りの|小舟を設け|玉巻きの|小楫繁貫き|夕潮の|満ちのとどみに|御船子を|率ひたてて|呼びたてて|御船出でなば|浜も狭に|後れ並み居て|こいまろび|恋ひかも居らむ|足すりし|音のみや泣かむ|海上の|その津を指して|君が漕ぎ行かば

かな読み

ことひうしの|みやけのかたに|さしむかふ|かしまのさきに|さにぬりの|をぶねをまけ|たままきの|をかぢしじぬき|ゆふしほの|みちのとどみに|みふなこを|あどもひたてて|よびたてて|みふねいでなば|はまもせに|おくれなみゐて|こいまろび|こひかもをらむ|あしすりし|ねのみやなかむ|うなかみの|そのつをさして|きみがこぎゆかば

カタカナ読み

コトヒウシノ|ミヤケノカタニ|サシムカフ|カシマノサキニ|サニヌリノ|ヲブネヲマケ|タママキノ|ヲカヂシジヌキ|ユフシホノ|ミチノトドミニ|ミフナコヲ|アドモヒタテテ|ヨビタテテ|ミフネイデナバ|ハマモセニ|オクレナミヰテ|コイマロビ|コヒカモヲラム|アシスリシ|ネノミヤナカム|ウナカミノ|ソノツヲサシテ|キミガコギユカバ

ローマ字読み|大文字

KOTOHIUSHINO|MIYAKENOKATANI|SASHIMUKAFU|KASHIMANOSAKINI|SANINURINO|OBUNEOMAKE|TAMAMAKINO|OKAJISHIJINUKI|YUFUSHIHONO|MICHINOTODOMINI|MIFUNAKO|ADOMOHITATETE|YOBITATETE|MIFUNEIDENABA|HAMAMOSENI|OKURENAMIITE|KOIMAROBI|KOHIKAMORAMU|ASHISURISHI|NENOMIYANAKAMU|UNAKAMINO|SONOTSUOSASHITE|KIMIGAKOGIYUKABA

ローマ字読み|小文字

kotohiushino|miyakenokatani|sashimukafu|kashimanosakini|saninurino|obuneomake|tamamakino|okajishijinuki|yufushihono|michinotodomini|mifunako|adomohitatete|yobitatete|mifuneidenaba|hamamoseni|okurenamiite|koimarobi|kohikamoramu|ashisurishi|nenomiyanakamu|unakamino|sonotsuosashite|kimigakogiyukaba

左注|左註

右二首高橋連蟲麻呂之歌集中出

事項|分類・ジャンル

相聞|茨城県|鹿島|大伴旅人|大伴道足|送別歌|餞別|宴席|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌|牝->牡【元】【藍】【紀】|酒->滷【万葉考】|->美【万葉略解】

寛永版本

ことひうしの[寛],
みやけのかたに,[寛]みやけのさけに,
さしむかふ[寛],
かしまのさきに[寛],
さにぬりの[寛],
をぶねをまけ,[寛]をふねまうけて,
たままきの[寛],
をかぢしじぬき,[寛]をかちししぬき,
ゆふしほの[寛],
みちのとどみに,[寛]みちのととみに,
みふなこを[寛],
あどもひたてて,[寛]あともひたてて,
よびたてて,[寛]よひたてて,
みふねいでなば,[寛]みふねいてなは,
はまもせに[寛],
おくれなみゐて,[寛]おくれなをりて,
こいまろび,[寛]こひまろひ,
こひかもをらむ[寛],
あしすりし[寛],
ねのみやなかむ[寛],
うなかみの[寛],
そのつをさして[寛],
きみがこぎゆかば,[寛]きみかこきいなは,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました