万葉集1719番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1719番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1719番について

歌番号

1719番

原文

照月遠|雲莫隠|嶋陰尓|吾船将極|留不知毛

訓読

照る月を雲な隠しそ島蔭に我が舟泊てむ泊り知らずも

かな読み

てるつきを|くもなかくしそ|しまかげに|わがふねはてむ|とまりしらずも

カタカナ読み

テルツキヲ|クモナカクシソ|シマカゲニ|ワガフネハテム|トマリシラズモ

ローマ字読み|大文字

TERUTSUKIO|KUMONAKAKUSHISO|SHIMAKAGENI|WAGAFUNEHATEMU|TOMARISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

terutsukio|kumonakakushiso|shimakageni|wagafunehatemu|tomarishirazumo

左注|左註

右一首或本云|小辨作也|或記姓氏無記名字|或称名号不称姓氏|然依古記|便以次載|凡如此類下皆放焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|小辨|異伝|羈旅

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|辨【藍】【紀】【温】(塙)弁|放【文】【細】【温】效

寛永版本

てるつきを[寛],
くもなかくしそ[寛],
しまかげに,[寛]しまかけに,
わがふねはてむ,[寛]わかふねはてむ,
とまりしらずも,[寛]とまりしらすも,

巻数

第9巻

作者

春日蔵首老

タイトルとURLをコピーしました