万葉集1808番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1808番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1808番について

歌番号

1808番

原文

勝<壮>鹿之|真間之井見者|立平之|水挹家<武>|手兒名之所念

訓読

勝鹿の真間の井見れば立ち平し水汲ましけむ手児名し思ほゆ

かな読み

かつしかの|ままのゐみれば|たちならし|みづくましけむ|てごなしおもほゆ

カタカナ読み

カツシカノ|ママノヰミレバ|タチナラシ|ミヅクマシケム|テゴナシオモホユ

ローマ字読み|大文字

KATSUSHIKANO|MAMANOIMIREBA|TACHINARASHI|MIZUKUMASHIKEMU|TEGONASHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

katsushikano|mamanoimireba|tachinarashi|mizukumashikemu|tegonashiomohoyu

左注|左註

右五首高橋連蟲麻呂之歌集中出

事項|分類・ジャンル

挽歌|葛飾|東京|伝説|自殺|惜別|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|牡->壮【元】【古】【類】【紀】|牟->武【元】【藍】【類】【紀】

寛永版本

かつしかの[寛],
ままのゐみれば,[寛]ままのゐみれは,
たちならし[寛],
みづくましけむ,[寛]みつをくみけむ,
てごなしおもほゆ,[寛]てこなしそおもふ,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました