万葉集1788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1788番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1788番について

歌番号

1788番

原文

振山従|直見渡|京二曽|寐不宿戀流|遠不有尓

訓読

布留山ゆ直に見わたす都にぞ寐も寝ず恋ふる遠くあらなくに

かな読み

ふるやまゆ|ただにみわたす|みやこにぞ|いもねずこふる|とほくあらなくに

カタカナ読み

フルヤマユ|タダニミワタス|ミヤコニゾ|イモネズコフル|トホクアラナクニ

ローマ字読み|大文字

FURUYAMAYU|TADANIMIWATASU|MIYAKONIZO|IMONEZUKOFURU|TOHOKUARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

furuyamayu|tadanimiwatasu|miyakonizo|imonezukofuru|tohokuaranakuni

左注|左註

右件五首笠朝臣金村之歌中出

事項|分類・ジャンル

相聞|天平1年12月年紀|天理|奈良|羈旅|恋情|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ふるやまゆ,[寛]ふるやまに,
ただにみわたす,[寛]たたにみわたす,
みやこにぞ,[寛]みやこにそ,
いもねずこふる,[寛]いねすてこるる,
とほくあらなくに,[寛]とほからなくに,

巻数

第9巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました