万葉集1681番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1681番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1681番について

歌番号

1681番

原文

後居而|吾戀居者|白雲|棚引山乎|今日香越濫

訓読

後れ居て我が恋ひ居れば白雲のたなびく山を今日か越ゆらむ

かな読み

おくれゐて|あがこひをれば|しらくもの|たなびくやまを|けふかこゆらむ

カタカナ読み

オクレヰテ|アガコヒヲレバ|シラクモノ|タナビクヤマヲ|ケフカコユラム

ローマ字読み|大文字

OKUREITE|AGAKOHIOREBA|SHIRAKUMONO|TANABIKUYAMAO|KEFUKAKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

okureite|agakohioreba|shirakumono|tanabikuyamao|kefukakoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|餞別|留守

校異

特に無し

寛永版本

おくれゐて[寛],
あがこひをれば,[寛]わかこひをれは,
しらくもの[寛],
たなびくやまを,[寛]たなひくやまを,
けふかこゆらむ[寛],

巻数

第9巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました