万葉集1666番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1666番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1666番について

歌番号

1666番

原文

朝霧尓|沾尓之衣|不干而|一哉君之|山道将越

訓読

朝霧に濡れにし衣干さずしてひとりか君が山道越ゆらむ

かな読み

あさぎりに|ぬれにしころも|ほさずして|ひとりかきみが|やまぢこゆらむ

カタカナ読み

アサギリニ|ヌレニシコロモ|ホサズシテ|ヒトリカキミガ|ヤマヂコユラム

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINI|NURENISHIKOROMO|HOSAZUSHITE|HITORIKAKIMIGA|YAMAJIKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

asagirini|nurenishikoromo|hosazushite|hitorikakimiga|yamajikoyuramu

左注|左註

右二首作者未詳

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|羈旅|紀州|和歌山|地名|留守

校異

特に無し

寛永版本

あさぎりに,[寛]あさきりに,
ぬれにしころも[寛],
ほさずして,[寛]ほさすして,
ひとりかきみが,[寛]ひとりやきみか,
やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,

巻数

第9巻

作者

斉明天皇

タイトルとURLをコピーしました