万葉集1611番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1611番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1611番について

歌番号

1611番

原文

足日木乃|山下響|鳴鹿之|事乏可母|吾情都末

訓読

あしひきの山下響め鳴く鹿の言ともしかも我が心夫

かな読み

あしひきの|やましたとよめ|なくしかの|ことともしかも|わがこころつま

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマシタトヨメ|ナクシカノ|コトトモシカモ|ワガココロツマ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASHITATOYOME|NAKUSHIKANO|KOTOTOMOSHIKAMO|WAGAKOKOROTSUMA

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamashitatoyome|nakushikano|kototomoshikamo|wagakokorotsuma

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|六人部王|田形皇女|忍恋媿|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あしひきの[寛],
やましたとよめ,[寛]やましたとよみ,
なくしかの[寛],
ことともしかも[寛],
わがこころつま,[寛]わかこころつま,

巻数

第8巻

作者

笠縫女王

タイトルとURLをコピーしました