万葉集1430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1430番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1430番について

歌番号

1430番

原文

去年之春|相有之君尓|戀尓手師|櫻花者|迎来良之母

訓読

去年の春逢へりし君に恋ひにてし桜の花は迎へけらしも

かな読み

こぞのはる|あへりしきみに|こひにてし|さくらのはなは|むかへけらしも

カタカナ読み

コゾノハル|アヘリシキミニ|コヒニテシ|サクラノハナハ|ムカヘケラシモ

ローマ字読み|大文字

KOZONOHARU|AHERISHIKIMINI|KOHINITESHI|SAKURANOHANAHA|MUKAHEKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

kozonoharu|aherishikimini|kohiniteshi|sakuranohanaha|mukahekerashimo

左注|左註

右二首若宮年魚麻呂誦之

事項|分類・ジャンル

春雑歌|若宮年魚麻呂|伝誦|恋愛|予祝|植物

校異

歌【西】謌

寛永版本

こぞのはる,[寛]こそのはる,
あへりしきみに[寛],
こひにてし[寛],
さくらのはなは[寛],
むかへけらしも,[寛]むかへくらしも,

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました