万葉集1612番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1612番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1612番について

歌番号

1612番

原文

神佐夫等|不許者不有|秋草乃|結之紐乎|解者悲哭

訓読

神さぶといなにはあらず秋草の結びし紐を解くは悲しも

かな読み

かむさぶと|いなにはあらず|あきくさの|むすびしひもを|とくはかなしも

カタカナ読み

カムサブト|イナニハアラズ|アキクサノ|ムスビシヒモヲ|トクハカナシモ

ローマ字読み|大文字

KAMUSABUTO|INANIHAARAZU|AKIKUSANO|MUSUBISHIHIMO|TOKUHAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

kamusabuto|inanihaarazu|akikusano|musubishihimo|tokuhakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かむさぶと,[寛]かみさふと,
いなにはあらず,[寛]きかすはあらす,
あきくさの[寛],
むすびしひもを,[寛]むすひしひもを,
とくはかなしも[寛],

巻数

第8巻

作者

石川賀係女郎

タイトルとURLをコピーしました