万葉集1442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1442番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1442番について

歌番号

1442番

原文

難波邊尓|人之行礼波|後居而|春菜採兒乎|見之悲也

訓読

難波辺に人の行ければ後れ居て春菜摘む子を見るが悲しさ

かな読み

なにはへに|ひとのゆければ|おくれゐて|はるなつむこを|みるがかなしさ

カタカナ読み

ナニハヘニ|ヒトノユケレバ|オクレヰテ|ハルナツムコヲ|ミルガカナシサ

ローマ字読み|大文字

NANIHAHENI|HITONOYUKEREBA|OKUREITE|HARUNATSUMUKO|MIRUGAKANASHISA

ローマ字読み|小文字

nanihaheni|hitonoyukereba|okureite|harunatsumuko|mirugakanashisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|菜摘牫|大阪|恋情|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

なにはへに[寛],
ひとのゆければ,[寛]ひとのゆけれは,
おくれゐて[寛],
はるなつむこを,[寛]わかなつむこを,
みるがかなしさ,[寛]みるかかなしさ,

巻数

第8巻

作者

丹比屋主

タイトルとURLをコピーしました