万葉集1617番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1617番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1617番について

歌番号

1617番

原文

秋芽子尓|置有露乃|風吹而|落涙者|留不勝都毛

訓読

秋萩に置きたる露の風吹きて落つる涙は留めかねつも

かな読み

あきはぎに|おきたるつゆの|かぜふきて|おつるなみたは|とどめかねつも

カタカナ読み

アキハギニ|オキタルツユノ|カゼフキテ|オツルナミタハ|トドメカネツモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINI|OKITARUTSUYUNO|KAZEFUKITE|OTSURUNAMITAHA|TODOMEKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

akihagini|okitarutsuyuno|kazefukite|otsurunamitaha|todomekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|大伴家持|贈答|恋情|植物

校異

賜->贈【紀】【温】【矢】【京】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきはぎに,[寛]あきはきに,
おきたるつゆの[寛],
かぜふきて,[寛]かせふきて,
おつるなみたは[寛],
とどめかねつも,[寛]ととめかねつも,

巻数

第8巻

作者

山口女王

タイトルとURLをコピーしました