万葉集1546番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1546番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1546番について

歌番号

1546番

原文

妹許登|吾去道乃|河有者|附目緘結跡|夜更降家類

訓読

妹がりと我が行く道の川しあればつくめ結ぶと夜ぞ更けにける

かな読み

いもがりと|わがゆくみちの|かはしあれば|つくめむすぶと|よぞふけにける

カタカナ読み

イモガリト|ワガユクミチノ|カハシアレバ|ツクメムスブト|ヨゾフケニケル

ローマ字読み|大文字

IMOGARITO|WAGAYUKUMICHINO|KAHASHIAREBA|TSUKUMEMUSUBUTO|YOZOFUKENIKERU

ローマ字読み|小文字

imogarito|wagayukumichino|kahashiareba|tsukumemusubuto|yozofukenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもがりと,[寛]いもかりと,
わがゆくみちの,[寛]わかゆくみちの,
かはしあれば,[寛]かはのあれは,
つくめむすぶと,[寛]ひとめつつむと,
よぞふけにける,[寛]よそふけにける,

巻数

第8巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました