万葉集1532番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1532番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1532番について

歌番号

1532番

原文

草枕|客行人毛|徃觸者|尓保比奴倍久毛|開流芽子香聞

訓読

草枕旅行く人も行き触ればにほひぬべくも咲ける萩かも

かな読み

くさまくら|たびゆくひとも|ゆきふれば|にほひぬべくも|さけるはぎかも

カタカナ読み

クサマクラ|タビユクヒトモ|ユキフレバ|ニホヒヌベクモ|サケルハギカモ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABIYUKUHITOMO|YUKIFUREBA|NIHOHINUBEKUMO|SAKERUHAGIKAMO

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabiyukuhitomo|yukifureba|nihohinubekumo|sakeruhagikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|滋賀県|塩津|羈旅|土地讃美|枕詞|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

くさまくら[寛],
たびゆくひとも,[寛]たひゆくひとも,
ゆきふれば,[寛]ゆきふれは,
にほひぬべくも,[寛]にほひぬへくも,
さけるはぎかも,[寛]さけるはきかも,

巻数

第8巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました