万葉集1297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1297番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1297番について

歌番号

1297番

原文

紅|衣染|雖欲|著丹穗哉|人可知

訓読

紅に衣染めまく欲しけども着てにほはばか人の知るべき

かな読み

くれなゐに|ころもそめまく|ほしけども|きてにほはばか|ひとのしるべき

カタカナ読み

クレナヰニ|コロモソメマク|ホシケドモ|キテニホハバカ|ヒトノシルベキ

ローマ字読み|大文字

KURENAINI|KOROMOSOMEMAKU|HOSHIKEDOMO|KITENIHOHABAKA|HITONOSHIRUBEKI

ローマ字読み|小文字

kurenaini|koromosomemaku|hoshikedomo|kitenihohabaka|hitonoshirubeki

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐに[寛],
ころもそめまく,[寛]ころもをそめて,
ほしけども,[寛]ほしけれと,
きてにほはばか,[寛]きてにほははや,
ひとのしるべき,[寛]ひとのしるへき,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました