万葉集1183番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1183番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1183番について

歌番号

1183番

原文

好去而|亦還見六|大夫乃|手二巻持在|鞆之浦廻乎

訓読

ま幸くてまたかへり見む大夫の手に巻き持てる鞆の浦廻を

かな読み

まさきくて|またかへりみむ|ますらをの|てにまきもてる|とものうらみを

カタカナ読み

マサキクテ|マタカヘリミム|マスラヲノ|テニマキモテル|トモノウラミヲ

ローマ字読み|大文字

MASAKIKUTE|MATAKAHERIMIMU|MASURAONO|TENIMAKIMOTERU|TOMONORAMIO

ローマ字読み|小文字

masakikute|matakaherimimu|masuraono|tenimakimoteru|tomonoramio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|広島|鞆嬥浦|地名

校異

特に無し

寛永版本

まさきくて,[寛]よしゆきて,
またかへりみむ[寛],
ますらをの[寛],
てにまきもてる,[寛]てにまきもたる,
とものうらみを,[寛]とものうらわを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました