万葉集1212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1212番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1212番について

歌番号

1212番

原文

足代過而|絲鹿乃山之|櫻花|不散在南|還来万代

訓読

足代過ぎて糸鹿の山の桜花散らずもあらなむ帰り来るまで

かな読み

あてすぎて|いとかのやまの|さくらばな|ちらずもあらなむ|かへりくるまで

カタカナ読み

アテスギテ|イトカノヤマノ|サクラバナ|チラズモアラナム|カヘリクルマデ

ローマ字読み|大文字

ATESUGITE|ITOKANOYAMANO|SAKURABANA|CHIRAZUMOARANAMU|KAHERIKURUMADE

ローマ字読み|小文字

atesugite|itokanoyamano|sakurabana|chirazumoaranamu|kaherikurumade

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|悲別|和歌山|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

あてすぎて,[寛]あしろすきて,
いとかのやまの[寛],
さくらばな,[寛]さくらはな,
ちらずもあらなむ,[寛]ちらすもあらなむ,
かへりくるまで,[寛]かへりかるまて,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました