万葉集1365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1365番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1365番について

歌番号

1365番

原文

吾妹子之|屋前之秋芽子|自花者|實成而許曽|戀益家礼

訓読

我妹子がやどの秋萩花よりは実になりてこそ恋ひまさりけれ

かな読み

わぎもこが|やどのあきはぎ|はなよりは|みになりてこそ|こひまさりけれ

カタカナ読み

ワギモコガ|ヤドノアキハギ|ハナヨリハ|ミニナリテコソ|コヒマサリケレ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|YADONOAKIHAGI|HANAYORIHA|MININARITEKOSO|KOHIMASARIKERE

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|yadonoakihagi|hanayoriha|mininaritekoso|kohimasarikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
やどのあきはぎ,[寛]やとのあきはき,
はなよりは[寛],
みになりてこそ[寛],
こひまさりけれ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました