万葉集1227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1227番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1227番について

歌番号

1227番

原文

礒立|奥邊乎見者|海藻苅舟|海人榜出良之|鴨翔所見

訓読

礒に立ち沖辺を見れば藻刈り舟海人漕ぎ出らし鴨翔る見ゆ

かな読み

いそにたち|おきへをみれば|めかりぶね|あまこぎづらし|かもかけるみゆ

カタカナ読み

イソニタチ|オキヘヲミレバ|メカリブネ|アマコギヅラシ|カモカケルミユ

ローマ字読み|大文字

ISONITACHI|OKIHEOMIREBA|MEKARIBUNE|AMAKOGIZURASHI|KAMOKAKERUMIYU

ローマ字読み|小文字

isonitachi|okiheomireba|mekaribune|amakogizurashi|kamokakerumiyu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|叙景

校異

特に無し

寛永版本

いそにたち[寛],
おきへをみれば,[寛]おきへをみれは,
めかりぶね,[寛]もかりふね,
あまこぎづらし,[寛]あまこきいつらし,
かもかけるみゆ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました