万葉集1160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1160番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1160番について

歌番号

1160番

原文

難波方|塩干丹立而|見渡者|淡路嶋尓|多豆渡所見

訓読

難波潟潮干に立ちて見わたせば淡路の島に鶴渡る見ゆ

かな読み

なにはがた|しほひにたちて|みわたせば|あはぢのしまに|たづわたるみゆ

カタカナ読み

ナニハガタ|シホヒニタチテ|ミワタセバ|アハヂノシマニ|タヅワタルミユ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|SHIHOHINITACHITE|MIWATASEBA|AHAJINOSHIMANI|TAZUWATARUMIYU

ローマ字読み|小文字

nanihagata|shihohinitachite|miwataseba|ahajinoshimani|tazuwatarumiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名|叙景|動物

校異

特に無し

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
しほひにたちて[寛],
みわたせば,[寛]みわたせは,
あはぢのしまに,[寛]あはちのしまに,
たづわたるみゆ,[寛]たつわたるみゆ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました