万葉集1205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1205番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1205番について

歌番号

1205番

原文

奥津梶|漸々志夫乎|欲見|吾為里乃|隠久惜毛

訓読

沖つ楫やくやくしぶを見まく欲り我がする里の隠らく惜しも

かな読み

おきつかぢ|やくやくしぶを|みまくほり|わがするさとの|かくらくをしも

カタカナ読み

オキツカヂ|ヤクヤクシブヲ|ミマクホリ|ワガスルサトノ|カクラクヲシモ

ローマ字読み|大文字

OKITSUKAJI|YAKUYAKUSHIBUO|MIMAKUHORI|WAGASURUSATONO|KAKURAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

okitsukaji|yakuyakushibuo|mimakuhori|wagasurusatono|kakurakuoshimo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おきつかぢ,[寛]おきつかち,
やくやくしぶを,[寛]しはしはしふを,
みまくほり[寛],
わがするさとの,[寛]わかするさとの,
かくらくをしも[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました