万葉集1175番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1175番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1175番について

歌番号

1175番

原文

足柄乃|筥根飛超|行鶴乃|乏見者|日本之所念

訓読

足柄の箱根飛び越え行く鶴の羨しき見れば大和し思ほゆ

かな読み

あしがらの|はこねとびこえ|ゆくたづの|ともしきみれば|やまとしおもほゆ

カタカナ読み

アシガラノ|ハコネトビコエ|ユクタヅノ|トモシキミレバ|ヤマトシオモホユ

ローマ字読み|大文字

ASHIGARANO|HAKONETOBIKOE|YUKUTAZUNO|TOMOSHIKIMIREBA|YAMATOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ashigarano|hakonetobikoe|yukutazuno|tomoshikimireba|yamatoshiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|神奈川|望郷|動物|地名

校異

1176柒順序入悞替譙【元】【紀】

寛永版本

あしがらの,[寛]あしからの,
はこねとびこえ,[寛]はこねとひこえ,
ゆくたづの,[寛]ゆくたつの,
ともしきみれば,[寛]ともしきみれは,
やまとしおもほゆ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました