万葉集1104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1104番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1104番について

歌番号

1104番

原文

馬並而|三芳野河乎|欲見|打越来而曽|瀧尓遊鶴

訓読

馬並めてみ吉野川を見まく欲りうち越え来てぞ瀧に遊びつる

かな読み

うまなめて|みよしのがはを|みまくほり|うちこえきてぞ|たきにあそびつる

カタカナ読み

ウマナメテ|ミヨシノガハヲ|ミマクホリ|ウチコエキテゾ|タキニアソビツル

ローマ字読み|大文字

UMANAMETE|MIYOSHINOGAHAO|MIMAKUHORI|UCHIKOEKITEZO|TAKINIASOBITSURU

ローマ字読み|小文字

umanamete|miyoshinogahao|mimakuhori|uchikoekitezo|takiniasobitsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名

校異

特に無し

寛永版本

うまなめて[寛],
みよしのがはを,[寛]みよしのかはを,
みまくほり[寛],
うちこえきてぞ,[寛]うちこえきてそ,
たきにあそびつる,[寛]たきにあそひつる,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました