万葉集931番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集931番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集931番について

歌番号

931番

原文

鯨魚取|濱邊乎清三|打靡|生玉藻尓|朝名寸二|千重浪縁|夕菜寸二|五百重<波>因|邊津浪之|益敷布尓|月二異二|日日雖見|今耳二|秋足目八方|四良名美乃|五十開廻有|住吉能濱

訓読

鯨魚取り|浜辺を清み|うち靡き|生ふる玉藻に|朝なぎに|千重波寄せ|夕なぎに|五百重波寄す|辺つ波の|いやしくしくに|月に異に|日に日に見とも|今のみに|飽き足らめやも|白波の|い咲き廻れる|住吉の浜

かな読み

いさなとり|はまへをきよみ|うちなびき|おふるたまもに|あさなぎに|ちへなみよせ|ゆふなぎに|いほへなみよす|へつなみの|いやしくしくに|つきにけに|ひにひにみとも|いまのみに|あきだらめやも|しらなみの|いさきめぐれる|すみのえのはま

カタカナ読み

イサナトリ|ハマヘヲキヨミ|ウチナビキ|オフルタマモニ|アサナギニ|チヘナミヨセ|ユフナギニ|イホヘナミヨス|ヘツナミノ|イヤシクシクニ|ツキニケニ|ヒニヒニミトモ|イマノミニ|アキダラメヤモ|シラナミノ|イサキメグレル|スミノエノハマ

ローマ字読み|大文字

ISANATORI|HAMAHEOKIYOMI|UCHINABIKI|OFURUTAMAMONI|ASANAGINI|CHIHENAMIYOSE|YUFUNAGINI|IHOHENAMIYOSU|HETSUNAMINO|IYASHIKUSHIKUNI|TSUKINIKENI|HINIHINIMITOMO|IMANOMINI|AKIDARAMEYAMO|SHIRANAMINO|ISAKIMEGURERU|SUMINOENOHAMA

ローマ字読み|小文字

isanatori|hamaheokiyomi|uchinabiki|ofurutamamoni|asanagini|chihenamiyose|yufunagini|ihohenamiyosu|hetsunamino|iyashikushikuni|tsukinikeni|hinihinimitomo|imanomini|akidarameyamo|shiranamino|isakimegureru|suminoenohama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|住吉|離宮|宮廷讃美|羈旅|地名|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌|浪->波【元】【紀】【細】|日【元】【温】【矢】々

寛永版本

いさなとり[寛],
はまへをきよみ[寛],
うちなびき,[寛]うちなひき,
おふるたまもに[寛],
あさなぎに,[寛]あさなきに,
ちへなみよせ,[寛]ちへになみよせ,
ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
いほへなみよす,[寛]いほへなみよる,
へつなみの[寛],
いやしくしくに,[寛]ますしくしくに,
つきにけに[寛],
ひにひにみとも,[寛]ひひにみれとも,
いまのみに[寛],
あきだらめやも,[寛]あきたらめやも,
しらなみの[寛],
いさきめぐれる,[寛]いさきめくれる,
すみのえのはま[寛],

巻数

第6巻

作者

車持千年

タイトルとURLをコピーしました