万葉集970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集970番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集970番について

歌番号

970番

原文

指進乃|粟栖乃小野之|芽花|将落時尓之|行而手向六

訓読

指進の栗栖の小野の萩の花散らむ時にし行きて手向けむ

かな読み

****の|くるすのをのの|はぎのはな|ちらむときにし|ゆきてたむけむ

カタカナ読み

****ノ|クルスノヲノノ|ハギノハナ|チラムトキニシ|ユキテタムケム

ローマ字読み|大文字

****NO|KURUSUNONONO|HAGINOHANA|CHIRAMUTOKINISHI|YUKITETAMUKEMU

ローマ字読み|小文字

****no|kurusunonono|haginohana|chiramutokinishi|yukitetamukemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|望郷|亡妻|恋慕|天平3年年紀|飛鳥|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

****の,[寛]さしすきの,
くるすのをのの[寛],
はぎのはな,[寛]はきのはな,
ちらむときにし[寛],
ゆきてたむけむ[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました