万葉集991番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集991番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集991番について

歌番号

991番

原文

石走|多藝千流留|泊瀬河|絶事無|亦毛来而将見

訓読

石走りたぎち流るる泊瀬川絶ゆることなくまたも来て見む

かな読み

いはばしり|たぎちながるる|はつせがは|たゆることなく|またもきてみむ

カタカナ読み

イハバシリ|タギチナガルル|ハツセガハ|タユルコトナク|マタモキテミム

ローマ字読み|大文字

IHABASHIRI|TAGICHINAGARURU|HATSUSEGAHA|TAYURUKOTONAKU|MATAMOKITEMIMU

ローマ字読み|小文字

ihabashiri|tagichinagaruru|hatsusegaha|tayurukotonaku|matamokitemimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|桜井|奈良|土地讃美|大伴荘園|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いはばしり,[寛]いしはしる,
たぎちながるる,[寛]たきちなかるる,
はつせがは,[寛]はつせかは,
たゆることなく[寛],
またもきてみむ[寛],

巻数

第6巻

作者

紀鹿人

タイトルとURLをコピーしました