万葉集1039番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1039番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1039番について

歌番号

1039番

原文

吾背子與|二人之居者|山高|里尓者月波|不曜十方余思

訓読

我が背子とふたりし居らば山高み里には月は照らずともよし

かな読み

わがせこと|ふたりしをらば|やまたかみ|さとにはつきは|てらずともよし

カタカナ読み

ワガセコト|フタリシヲラバ|ヤマタカミ|サトニハツキハ|テラズトモヨシ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOTO|FUTARISHIORABA|YAMATAKAMI|SATONIHATSUKIHA|TERAZUTOMOYOSHI

ローマ字読み|小文字

wagasekoto|futarishioraba|yamatakami|satonihatsukiha|terazutomoyoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|相聞|京都|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがせこと,[寛]わかせこと,
ふたりしをらば,[寛]ふたりしをれは,
やまたかみ[寛],
さとにはつきは[寛],
てらずともよし,[寛]てらすともよし,

巻数

第6巻

作者

高丘河内

タイトルとURLをコピーしました