万葉集975番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集975番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集975番について

歌番号

975番

原文

如是為管|在久乎好叙|霊剋|短命乎|長欲為流

訓読

かくしつつあらくをよみぞたまきはる短き命を長く欲りする

かな読み

かくしつつ|あらくをよみぞ|たまきはる|みじかきいのちを|ながくほりする

カタカナ読み

カクシツツ|アラクヲヨミゾ|タマキハル|ミジカキイノチヲ|ナガクホリスル

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITSUTSU|ARAKUOYOMIZO|TAMAKIHARU|MIJIKAKIINOCHIO|NAGAKUHORISURU

ローマ字読み|小文字

kakushitsutsu|arakuoyomizo|tamakiharu|mijikakiinochio|nagakuhorisuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|大夫|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

かくしつつ[寛],
あらくをよみぞ,[寛]あらくをよしそ,
たまきはる[寛],
みじかきいのちを,[寛]みしかきいのちを,
ながくほりする,[寛]なかくほりする,

巻数

第6巻

作者

安倍広庭

タイトルとURLをコピーしました