万葉集1029番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1029番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1029番について

歌番号

1029番

原文

河口之|野邊尓廬而|夜乃歴者|妹之手本師|所念鴨

訓読

河口の野辺に廬りて夜の経れば妹が手本し思ほゆるかも

かな読み

かはぐちの|のへにいほりて|よのふれば|いもがたもとし|おもほゆるかも

カタカナ読み

カハグチノ|ノヘニイホリテ|ヨノフレバ|イモガタモトシ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

KAHAGUCHINO|NOHENIIHORITE|YONOFUREBA|IMOGATAMOTOSHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kahaguchino|noheniihorite|yonofureba|imogatamotoshi|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|行幸従駕|聖武天皇|伊勢|三重|天平12年10月年紀|望郷|三重県|地名

校異

太->大【紀】【細】【温】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かはぐちの,[寛]かはくちの,
のへにいほりて[寛],
よのふれば,[寛]よのふれは,
いもがたもとし,[寛]いもかたもとし,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました