万葉集952番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集952番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集952番について

歌番号

952番

原文

韓衣|服楢乃里之|嶋待尓|玉乎師付牟|好人欲得食

訓読

韓衣着奈良の里の嶋松に玉をし付けむよき人もがも

かな読み

からころも|きならのさとの|しままつに|たまをしつけむ|よきひともがも

カタカナ読み

カラコロモ|キナラノサトノ|シママツニ|タマヲシツケム|ヨキヒトモガモ

ローマ字読み|大文字

KARAKOROMO|KINARANOSATONO|SHIMAMATSUNI|TAMAOSHITSUKEMU|YOKIHITOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

karakoromo|kinaranosatono|shimamatsuni|tamaoshitsukemu|yokihitomogamo

左注|左註

右笠朝臣金村之歌中出也|或云車持朝臣千年作<之>也

事項|分類・ジャンル

雑歌|車持千年|作者異伝|難波|大阪|比喩|恋愛|神亀5年年紀|女歌|掛醎合媿|枕詞|地名

校異

嶋(塙)(楓)嬬

寛永版本

からころも[寛],
きならのさとの[寛],
しままつに[寛],
たまをしつけむ[寛],
よきひともがも,[寛]よきひともかな,

巻数

第6巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました