万葉集1027番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1027番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1027番について

歌番号

1027番

原文

橘|本尓道履|八衢尓|物乎曽念|人尓不所知

訓読

橘の本に道踏む八衢に物をぞ思ふ人に知らえず

かな読み

たちばなの|もとにみちふむ|やちまたに|ものをぞおもふ|ひとにしらえず

カタカナ読み

タチバナノ|モトニミチフム|ヤチマタニ|モノヲゾオモフ|ヒトニシラエズ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|MOTONIMICHIFUMU|YACHIMATANI|MONOZOMOFU|HITONISHIRAEZU

ローマ字読み|小文字

tachibanano|motonimichifumu|yachimatani|monozomofu|hitonishiraezu

左注|左註

右一首右大辨高<橋>安麻呂卿語云|故豊嶋采女之作也|但或本云三方沙弥戀妻苑臣作歌也|然則豊嶋采女當時當所口吟此歌歟

事項|分類・ジャンル

雑歌|三方沙弥|伝誦|高橋安麻呂|宴席|古歌|植物|鬱屈|天平11年8月20日年紀

校異

橘->橋【西(訂正)】【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|此歌【西】此謌【西(訂正)】此歌

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
もとにみちふむ[寛],
やちまたに[寛],
ものをぞおもふ,[寛]ものをりおもふ,
ひとにしらえず,[寛]ひとにしられぬ,

巻数

第6巻

作者

豊島采女

タイトルとURLをコピーしました