万葉集958番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集958番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集958番について

歌番号

958番

原文

時風|應吹成奴|香椎滷|潮干汭尓|玉藻苅而名

訓読

時つ風吹くべくなりぬ香椎潟潮干の浦に玉藻刈りてな

かな読み

ときつかぜ|ふくべくなりぬ|かしひがた|しほひのうらに|たまもかりてな

カタカナ読み

トキツカゼ|フクベクナリヌ|カシヒガタ|シホヒノウラニ|タマモカリテナ

ローマ字読み|大文字

TOKITSUKAZE|FUKUBEKUNARINU|KASHIHIGATA|SHIHOHINORANI|TAMAMOKARITENA

ローマ字読み|小文字

tokitsukaze|fukubekunarinu|kashihigata|shihohinorani|tamamokaritena

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|福岡|香椎|太宰府|地名|植物|神亀5年11月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ときつかぜ,[寛]ときつかせ,
ふくべくなりぬ,[寛]ふくへくなりぬ,
かしひがた,[寛]かしひかた,
しほひのうらに,[寛]しほひのきはに,
たまもかりてな[寛],

巻数

第6巻

作者

小野老

タイトルとURLをコピーしました