万葉集1025番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1025番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1025番について

歌番号

1025番

原文

奥真經而|吾乎念流|吾背子者|千<年>五百歳|有巨勢奴香聞

訓読

奥まへて我れを思へる我が背子は千年五百年ありこせぬかも

かな読み

おくまへて|われをおもへる|わがせこは|ちとせいほとせ|ありこせぬかも

カタカナ読み

オクマヘテ|ワレヲオモヘル|ワガセコハ|チトセイホトセ|アリコセヌカモ

ローマ字読み|大文字

OKUMAHETE|WAREOMOHERU|WAGASEKOHA|CHITOSEIHOTOSE|ARIKOSENUKAMO

ローマ字読み|小文字

okumahete|wareomoheru|wagasekoha|chitoseihotose|arikosenukamo

左注|左註

右一首右大臣和歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|天平11年8月20日年紀|宴席|長寿

校異

歳->年【元】【類】【紀】|歌【西】哥【西(訂正)】謌

寛永版本

おくまへて,[寛]おきまへて,
われをおもへる[寛],
わがせこは,[寛]わかせこは,
ちとせいほとせ[寛],
ありこせぬかも[寛],

巻数

第6巻

作者

橘諸兄

タイトルとURLをコピーしました