万葉集994番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集994番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集994番について

歌番号

994番

原文

振仰而|若月見者|一目見之|人乃眉引|所念可聞

訓読

振り放けて三日月見れば一目見し人の眉引き思ほゆるかも

かな読み

ふりさけて|みかづきみれば|ひとめみし|ひとのまよびき|おもほゆるかも

カタカナ読み

フリサケテ|ミカヅキミレバ|ヒトメミシ|ヒトノマヨビキ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

FURISAKETE|MIKAZUKIMIREBA|HITOMEMISHI|HITONOMAYOBIKI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

furisakete|mikazukimireba|hitomemishi|hitonomayobiki|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|相聞|題詠|練習

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ふりさけて[寛],
みかづきみれば,[寛]みかつきみれは,
ひとめみし[寛],
ひとのまよびき,[寛]ひとのまよひき,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました