万葉集980番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集980番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集980番について

歌番号

980番

原文

雨隠|三笠乃山乎|高御香裳|月乃不出来|夜者更降管

訓読

雨隠り御笠の山を高みかも月の出で来ぬ夜はくたちつつ

かな読み

あまごもり|みかさのやまを|たかみかも|つきのいでこぬ|よはくたちつつ

カタカナ読み

アマゴモリ|ミカサノヤマヲ|タカミカモ|ツキノイデコヌ|ヨハクタチツツ

ローマ字読み|大文字

AMAGOMORI|MIKASANOYAMAO|TAKAMIKAMO|TSUKINOIDEKONU|YOHAKUTACHITSUTSU

ローマ字読み|小文字

amagomori|mikasanoyamao|takamikamo|tsukinoidekonu|yohakutachitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|地名|奈良

校異

歌【西】謌

寛永版本

あまごもり,[寛]あまこもり,
みかさのやまを[寛],
たかみかも[寛],
つきのいでこぬ,[寛]つきのいてこぬ,
よはくたちつつ,[寛]よはふけにつつ,

巻数

第6巻

作者

安倍虫麻呂

タイトルとURLをコピーしました