万葉集919番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集919番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集919番について

歌番号

919番

原文

若浦尓|塩満来者|滷乎無美|葦邊乎指天|多頭鳴渡

訓読

若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る

かな読み

わかのうらに|しほみちくれば|かたをなみ|あしへをさして|たづなきわたる

カタカナ読み

ワカノウラニ|シホミチクレバ|カタヲナミ|アシヘヲサシテ|タヅナキワタル

ローマ字読み|大文字

WAKANORANI|SHIHOMICHIKUREBA|KATAONAMI|ASHIHEOSASHITE|TAZUNAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

wakanorani|shihomichikureba|kataonami|ashiheosashite|tazunakiwataru

左注|左註

右年月不記|但称従駕玉津嶋也|因今檢注行幸年月以載之焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|紀州|和歌山|行幸|土地讃美|羈旅|地名|動物|神亀1年10月5日年紀

校異

特に無し

寛永版本

わかのうらに[寛],
しほみちくれば,[寛]しほみちくれは,
かたをなみ[寛],
あしへをさして[寛],
たづなきわたる,[寛]たつなきわたる,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました