万葉集982番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集982番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集982番について

歌番号

982番

原文

烏玉乃|夜霧立而|不清|照有月夜乃|見者悲沙

訓読

ぬばたまの夜霧の立ちておほほしく照れる月夜の見れば悲しさ

かな読み

ぬばたまの|よぎりのたちて|おほほしく|てれるつくよの|みればかなしさ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨギリノタチテ|オホホシク|テレルツクヨノ|ミレバカナシサ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOGIRINOTACHITE|OHOHOSHIKU|TERERUTSUKUYONO|MIREBAKANASHISA

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yogirinotachite|ohohoshiku|tererutsukuyono|mirebakanashisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|枕詞

校異

玉乃【類】【紀】(塙)玉

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よぎりのたちて,[寛]よきりのたちて,
おほほしく,[寛]すまさるに,
てれるつくよの,[寛]てれるつきよの,
みればかなしさ,[寛]みれはかなしさ,

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました