万葉集990番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集990番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集990番について

歌番号

990番

原文

茂岡尓|神佐備立而|榮有|千代松樹乃|歳之不知久

訓読

茂岡に神さび立ちて栄えたる千代松の木の年の知らなく

かな読み

しげをかに|かむさびたちて|さかえたる|ちよまつのきの|としのしらなく

カタカナ読み

シゲヲカニ|カムサビタチテ|サカエタル|チヨマツノキノ|トシノシラナク

ローマ字読み|大文字

SHIGEOKANI|KAMUSABITACHITE|SAKAETARU|CHIYOMATSUNOKINO|TOSHINOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

shigeokani|kamusabitachite|sakaetaru|chiyomatsunokino|toshinoshiranaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|桜井|奈良|土地讃美|大伴荘園|植物|地名

校異

->跡【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しげをかに,[寛]しけをかに,
かむさびたちて,[寛]かみさひたちて,
さかえたる,[寛]さかへたる,
ちよまつのきの[寛],
としのしらなく[寛],

巻数

第6巻

作者

紀鹿人

タイトルとURLをコピーしました