万葉集956番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集956番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集956番について

歌番号

956番

原文

八隅知之|吾大王乃|御食國者|日本毛此間毛|同登曽念

訓読

やすみしし我が大君の食す国は大和もここも同じとぞ思ふ

かな読み

やすみしし|わがおほきみの|をすくには|やまともここも|おやじとぞおもふ

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワガオホキミノ|ヲスクニハ|ヤマトモココモ|オヤジトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGAOHOKIMINO|OSUKUNIHA|YAMATOMOKOKOMO|OYAJITOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagaohokimino|osukuniha|yamatomokokomo|oyajitozomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|大夫|王権|枕詞|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

やすみしし[寛],
わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,
をすくには,[寛]みけくには,
やまともここも[寛],
おやじとぞおもふ,[寛]おやしとそおもふ,

巻数

第6巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました