万葉集925番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集925番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集925番について

歌番号

925番

原文

烏玉之|夜之深去者|久木生留|清河原尓|知鳥數鳴

訓読

ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く

かな読み

ぬばたまの|よのふけゆけば|ひさぎおふる|きよきかはらに|ちどりしばなく

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨノフケユケバ|ヒサギオフル|キヨキカハラニ|チドリシバナク

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YONOFUKEYUKEBA|HISAGIOFURU|KIYOKIKAHARANI|CHIDORISHIBANAKU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yonofukeyukeba|hisagiofuru|kiyokikaharani|chidorishibanaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|宮廷讃美|地名|植物|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よのふけゆけば,[寛]よのふけゆけは,
ひさぎおふる,[寛]ひさきおふる,
きよきかはらに[寛],
ちどりしばなく,[寛]ちとりしはなく,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました