万葉集989番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集989番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集989番について

歌番号

989番

原文

焼刀之|加度打放|大夫之|祷豊御酒尓|吾酔尓家里

訓読

焼太刀のかど打ち放ち大夫の寿く豊御酒に我れ酔ひにけり

かな読み

やきたちの|かどうちはなち|ますらをの|ほくとよみきに|われゑひにけり

カタカナ読み

ヤキタチノ|カドウチハナチ|マスラヲノ|ホクトヨミキニ|ワレヱヒニケリ

ローマ字読み|大文字

YAKITACHINO|KADOCHIHANACHI|MASURAONO|HOKUTOYOMIKINI|WAREHINIKERI

ローマ字読み|小文字

yakitachino|kadochihanachi|masuraono|hokutoyomikini|warehinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|謝酒|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やきたちの[寛],
かどうちはなち,[寛]かとうちはなつ,
ますらをの[寛],
ほくとよみきに,[寛]つくとよみきに,
われゑひにけり,[寛]われゑいにけり,

巻数

第6巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました