万葉集909番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集909番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集909番について

歌番号

909番

原文

山高三|白木綿花|落多藝追|瀧之河内者|雖見不飽香聞

訓読

山高み白木綿花におちたぎつ瀧の河内は見れど飽かぬかも

かな読み

やまたかみ|しらゆふばなに|おちたぎつ|たきのかふちは|みれどあかぬかも

カタカナ読み

ヤマタカミ|シラユフバナニ|オチタギツ|タキノカフチハ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

YAMATAKAMI|SHIRAYUFUBANANI|OCHITAGITSU|TAKINOKAFUCHIHA|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamatakami|shirayufubanani|ochitagitsu|takinokafuchiha|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|従駕|宮廷讃美|離宮|養老7年5月年紀

校異

特に無し

寛永版本

やまたかみ[寛],
しらゆふばなに,[寛]しらゆふはなに,
おちたぎつ,[寛]おちたきつ,
たきのかふちは,[寛]たきのかわちは,
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第6巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました