万葉集995番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集995番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集995番について

歌番号

995番

原文

如是為乍|遊飲與|草木尚|春者生管|秋者落去

訓読

かくしつつ遊び飲みこそ草木すら春は咲きつつ秋は散りゆく

かな読み

かくしつつ|あそびのみこそ|くさきすら|はるはさきつつ|あきはちりゆく

カタカナ読み

カクシツツ|アソビノミコソ|クサキスラ|ハルハサキツツ|アキハチリユク

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITSUTSU|ASOBINOMIKOSO|KUSAKISURA|HARUHASAKITSUTSU|AKIHACHIRIYUKU

ローマ字読み|小文字

kakushitsutsu|asobinomikoso|kusakisura|haruhasakitsutsu|akihachiriyuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かくしつつ[寛],
あそびのみこそ,[寛]あそひのむとも,
くさきすら[寛],
はるはさきつつ,[寛]はるはもえつつ,
あきはちりゆく[寛],

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました