万葉集1001番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1001番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1001番について

歌番号

1001番

原文

大夫者|御<猟>尓立之|未通女等者|赤裳須素引|清濱備乎

訓読

大夫は御狩に立たし娘子らは赤裳裾引く清き浜びを

かな読み

ますらをは|みかりにたたし|をとめらは|あかもすそひく|きよきはまびを

カタカナ読み

マスラヲハ|ミカリニタタシ|ヲトメラハ|アカモスソヒク|キヨキハマビヲ

ローマ字読み|大文字

MASURAOHA|MIKARINITATASHI|OTOMERAHA|AKAMOSUSOHIKU|KIYOKIHAMABIO

ローマ字読み|小文字

masuraoha|mikarinitatashi|otomeraha|akamosusohiku|kiyokihamabio

左注|左註

右一首山部宿祢赤人作

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|大阪|難波|従駕|宮廷歌人|天平6年3月年紀|地名

校異

臈->猟【西(左貼紙)】【元】【類】【紀】

寛永版本

ますらをは[寛],
みかりにたたし[寛],
をとめらは[寛],
あかもすそひく,[寛]あかもすそひき,
きよきはまびを,[寛]きよきはまへを,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました